専業主婦でも借りられるカードローンは?

topimg
ご主人の給料だけで毎月乗り切らなければならない、という事に頭を悩ますのが専業主婦です。日常生活の中には近所づきあいなどで急な出費もあり、不足分を給料日まで借りたいという事があります。

そんな悩みを解決する方法として、キャッシングで乗り切るのもひとつの方法です。

 

消費者金融の借入はむずかしい

キャッシングの利用目的で最も多いのが「生活費の補填」というデータがあります。長らく不況が続いたため、賃金カットや、昇給もなく、不足分を一時的に借りたいという主婦が増えています。

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行で申込ができますが、2010年の貸金業法の改正があり、総量規制で、消費者金融やクレジット会社でキャッシングする時は、年収がなければ利用できなくなりました。

パートやアルバイトなどで収入のある兼業主婦は、これまで通りキャッシングが申込めますが、収入の無い専業主婦は、原則消費者金融へ申込が出来なくなりました

ただし、総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付制度」を採用しているキャッシング会社なら申込みが出来ますが、その場合、配偶者の同意を得ることが条件で、配偶者の収入とあわせた3分の1までは融資をしてもよいことになっています。

しかし、この制度は、調査や審査に手間がかかり、キャッシング会社は採算が取れないという理由からほとんどが中止、または廃止にしているので、実際は制度が有っても利用できません。

 

おすすめは銀行カードローン

ノンバンクに対して、銀行は、銀行法に基づき事業展開しているので、総量規制の影響はありません。そのため、銀行カードローンは、消費者金融のように年収による制限はありませんし、審査さえ通れば、収入に関係なく融資が受けられます。

基本的には、銀行カードローンも本人に収入があることが条件ですが、なかには専業主婦を対象にした銀行カードローンがあります。その場合、ご主人に安定した収入があることが条件になりますが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円まで、ソニー銀行カードローンやイオン銀行カードローンは50万円までなら、本人に収入がなくても申込ができます。

また、収入証明書類の提出はないので「主人に内緒で」という主婦の方でも安心して申込できます。